栄港建設

栄港建設の仕事

優秀な技術者の育成

工事部には経験豊な技術者と中堅・若手のバランスよい構成により、互いに磨き、補い合っていきます。

特に若手育成のために、計画的な採用と教育指導をしています。

現場監督はたくさんの役割を担っています。建築家が描く空間の意図を図面から読み

とり、予算を最大限に活かせるよう工夫し、

職人が効率よく動けるように工程を組み、

家づくりに 携わるたくさんの方々のまとめ役となって動きます。

栄港建設でたくさんの住宅をつくりあげて

きた現場監督からのメッセージです。

中原一芳

2003年入社

住む人の顔が見える家づくり

栄港建設は、少数精鋭のプロフェッショナル集団だと自負しています。スタッフそれぞれに個性があり、現場にもそれが活かされています。私は建築が大好きで、建て売り住宅とは違う「住む人の顔が見える家づくり」ができることに大きな魅力を感じて、栄港建設に入社しました。建築家との仕事に特化するという特殊なスタイルを確立した社長は、建築と家づくりが本当に好きで、我々現場のスタッフともいつも建築の話をしています。現場監督という仕事は大変ですけれども面白いし、何より充実感があります。二次元で描かれたものが三次元になっていくのを目の当たりにできるのは、監督冥利に尽きます。これからも努力を重ねていきたいと思います。

箭内秀夫 2004年入社

悩んだ先にゴールがある

私の父は大工でした。幼い頃に父の現場に手伝いに行き、家づく りの過程を見たときの楽しさが、私の将来を決めました。建築家の図面は、一見すると分かりにくいこともあります。でも、分か らないから面白いのだと思うのです。どんな風に職人さんに手を動かしてもらって、どう建てていけばいいのか、悩んだ末に答えを出して、それがうまくいったときの喜びはとても大きなもの。若い建築家との仕事もとても刺激がありますし、狭小住宅などにも積極的にチャレンジするのも、我が社のいいところ。建て主のみなさんにとって、家を建てるのは一生に一度のことだと思いま す。その貴重な体験に何度も関わらせてもらえる現場監督は、本当に面白く、責任のある仕事だと感じています。一軒一軒、常に全力勝負しています。

林 辰彦

2006年入社

支え合って先に進む

現場監督として家づくりに関わりながら、たくさんのことをいろいろな人から教えてもらい、支えてもらっていることを実感しています。新しい工法に挑戦するときなどには特に感じるのですが、建築家はもちろん、職人さん、そして栄港建設の仲間と一緒に家を建てているのだと思います。現場監督が現状を報告し合う時間が毎月あり、意識を共有しながら、栄港建設らしさを保っている。栄港建設らしさをうまく言葉にするのは難しいですが……、「アットホーム」が一番しっくりくるかも知れません。岡田社長の人間味あるあたたかさを信じて、これからもたくさん、いい家を建てていきます。

当社は神奈川県中小企業同友会が主催する共同求人フォーラムに毎年参加し、少人数ながら若手スタッフの育成を続けています。

多種にわたる工法の建物の造り手として、経験豊富な先輩たちとともに一人でも多くの建築の好きな人間を育て、お互いに成長していくことこそが私達の喜びです。

建築に携わる側の人間として、知らないことは案外多いものです。

たとえば、木材のこと・森林のことなどです。

 

建築主の希望もあり、昨年は尾鷲の檜で有名な三重県にある「速水林業」の山を若手監督たちと訪ねてみました(尾鷲ひのきの視察研修報告)。

今年は、杉の産地である鳥取県智頭町(中国山脈)の山林とそれを生かした製品を見つけました。

少し足をのばすだけで素敵な人との出会いがあり、いろいろな可能性も広がり、視点を変える機会になるかもしれません。技術的なことばかりに囚われていてもよい家造り(建築)に通じるとはいえず、やはりその人の成長こそが一番かと考えます。

横浜市港北区北新横浜1-7-8

TEL:045-542-1973 FAX:045-546-1779

E-mail:info@eikou.co.jp

Copyright© 1998 ~ 2018 栄港建設 All Rights Reserved.